海外ニュース:がん最新情報

がんにならずに美白を保つ日焼け止めの選び方

1992年以来、がんの原因として「高い可能性がある」という発がんリスク5段階評価の上から2番目だった日焼けマシンが、このほど発がんリスクの最高レベル(グループ1)「ヒトに対して発癌性である」に引き上げられた。つまり、十分な根拠をもって人間に対してがんの原因となるという断言である。世界保健機関(WHO The World Health Organization)の下部機関である国際がん研究機関 (IARC The International Agency for Research on Cancer) が7月29日に発表したもの。

これまで日焼けランプの照射は、1992年以来、グループ2Aだった。1ランクアップだ。グループ1として分類されているのは、 タバコの喫煙、受動的喫煙環境、無煙のタバコ製品、アスベスト、ヒ素およびヒ素化合物、コールタール、経口避妊薬の常用、更年期以降のエストロゲン療法、そして(見なかったことにしたい)アルコール飲料など。

イギリスの医学ジャーナルで発表された研究結果によると、30歳以前に日焼け用ベッドを使い始めると、致死率の高い皮膚がん、メラノーマのリスクが75%上昇するとのこと。

AFPの記事中に、「WHOは、長期にわたって日焼けマシンに対して警告を発してきたが、科学的根拠をもってがんの原因であることを証明するためのハードルは高く、動物実験だけでなく、日焼けマシンを使った人と使わない人とのがん罹患率に関する疫学調査が求められていた」とある。

これ、いろんなことに当てはまる。少数の科学者が「これは危険」といい初めても、がんになるまでには相当な時間がかかるわけだから、人において原因を特定して科学的に証明するには、当然時間がかかる。

自分達の健康を守るには、発言には慎重を期さなければならない機関の判断を待っていては遅いと思う。疑いのあるもので、直感や常識で判断して考えていかにもよくなさそうなことは避ける、君子危うきに近寄らずが最善の防衛法。

今、アメリカやヨーロッパでは、プラスティックから漏れるBPA(ビスフェノールA)や、化粧品からボディプロダクト、家庭で使われる芳香剤やら殺虫剤、殺菌剤などに含まれるいろんな化学物質の害が騒がれている。これ、個々の物質の発がん性とか、その他の病気の原因となることを証明するだけでも時間がかかるだろうけど、他の物質との相互作用で体に悪いなんてことだったら、日焼けがダメだからといって、危ないと既にささやかれている化学物質たっぷりな日焼け止めクリームを塗りたくったりしないように。

ちなみに、アメリカの非営利団体 EWG Environmental Working Group (ewg.org)によると、安全で効果のある日焼け止めの見極め方は以下の通り。

買うポイント
●SPF30以上
●7%以上の酸化亜鉛 zinc oxide または二酸化チタン titanium dioxide を含む

避けるポイント
●オキシベンゾン oxybenzone やベンゾフェノン-3(BP-3) benzophenone-3 を含む:アレルゲン、環境ホルモン
●スプレーやパウダーの日焼け止め:吸入すると危険率があがる
●フレグランス(香料):アレルギーや生殖機能への影響がある
●虫除け効果付きのもの:殺虫剤を過剰に吸収する恐れあ

情報元
Yahoo! NEWS - PARIS (AFP)
"Sunbeds elevated to top cancer risk level: WHO" http://news.yahoo.com/s/afp/20090729/hl_afp/healthcancerlifestyle

人気医学ブログ→
このページをソーシャル・ブックマークで登録はてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 del.icio.us に登録 ライブドアクリップに追加 Google Bookmarks に追加
タグ:
2009年07月31日 | この記事のURLコメント(0)TB(0)clip!
海外ニュース:がん最新情報 | 皮膚がん予防・抗がん

この記事にコメントする
名前:
URL:
情報を記憶:

トラックバックURL: http://trackback.blogsys.jp/livedoor/cancer0/1152624

ゲルソン療法、生ジュース
楽々野菜、果物摂取にはジュースが簡単で美味しい。一番効果があって掃除もしやすいのは、食材が酸化しない圧搾式ジューサー!

マルチジューサー&クッカー ベジフル今なら!有機栽培にんじん2kg無料プレゼント★★★


〇おまかせ!バランス野菜セット(7〜10種類)( 無農薬野菜 ・ 無化学肥料栽培 ・ 露地栽培 ・ ...

トランス脂肪酸はお話になりませんが、コーンオイル、大豆オイルなど、植物性だから安心と思っていませんか?オイルは低温圧搾(コールドプレス)で抽出の酸化、変質していなくて、遺伝子操作食品ではないものを。ヘルシーオイルなら料理に合わせてこれらがお薦めです。

加熱調理用(バターの代わり)

効率的に新陳代謝される中鎖脂肪酸が多く含まれ、コレステロールゼロ。他のオイルに比べて低カロリー。加熱の際にトランス脂肪酸が発生しない唯一のオイル、エキストラバージン・ココナッツオイル

あまり高温じゃない加熱調理用とドレッシング用
エクストラバージン・オリーブオイル
コールドプレス(低温圧搾)の一番搾り、無濾過のものが健康・美容・グルメ的に最高!オリーブの味も香りもフレッシュで、「油」の概念が変わります。地域によってもブランドによっても味が違うので奥も深い。なめてもおいしくないオイルはさようなら。本物はカラダにもよく、美味しいものなのです。

ドレッシングなど非加熱用

【オーサワジャパン】 オーガニック・フラックスオイル(190g)
現代生活では不足しがちなオメガ3が豊富!

RSSに追加
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
月別バックナンバー
コメント
サーチ


↑がん予防に68%効く食事法と生活習慣HOME
<< 高カロリーなコーヒー味ドリンク、がんなど生活習慣病の原因と警鐘