海外ニュース:健康全般

なぜニューヨーカーは長生きなのか?

ニューヨーク・マガジン 今出ているニューヨークの週刊情報誌、『ニューヨーク・マガジン』の特集、ニューヨーカーの間でちょっと話題になっている。表紙にあるように、「なぜニューヨーカーは長生きするのか?」っていうのだから、ニューヨーカーなら思わず読みたくなる。巧い!

オンラインでも読めるんですが、なぜかこちらの見出しは、「Why New Yorkers Last Longer(なぜニューヨーカーは長持ちするのか)」 同じような意味だけど、単語が変えてある。(http://nymag.com/news/features/35815/)。

さて、その内容の方ですが、何を根拠にニューヨーカーが長生きだと言っているのか?

まず、2004年生まれのニューヨーカーの平均寿命が78.6歳で、これが全米の平均よりも9ヶ月長いということ。そして、1990年以来、アメリカでは平均年齢が約2.5年しか延びてないのに、ニューヨーカーの延びが、実に6.2年も延びているということの2点が挙げられている。

都会はストレスが多いし、空気も水も悪いし、犯罪や事故も多いから、田舎暮らしの方が健康にもよくて長生きするというのが定説で、実際、長寿大国日本にせよ、長生き地域は、沖縄だったり、長野だったりで、大都会だったことはない。それがどうしたことでしょう。ニューヨーカーって、そんなマイナス材料をぶっとばすくらいタフなのか?

理由は大きく拾って4つ。

1つ目には、若くして亡くなる人の数が激減したこと。

今、アメリカの都会の中で、ニューヨークは最も安全な都市。殺人事件による死亡者数が、1990年に2272人だったのが、2005年には579人にまで減少。そして、良い薬の開発のおかげもあるが、AIDSによる死亡者が1994年に7100人だったのが、2005年には1419人にまで減少。ドラッグ中毒者が減ったことと、医療の発達で1989年に1000人の赤ちゃんのうち13.3人死亡していたのが、2004人には6.1人にまで減少。

2つ目には、喫煙者が減ったこと。2003年の法律改正で、ニューヨークでは、バーや、一部屋外の公園のスペースでさえタバコを吸うことができなくなったのだ。これによって2001年から2005年の間にタバコに起因する死が8960人から8096人、つまり10%減少。今から10数年の間に、肺がんの率が下がるだろうと予測されている。

そして、3つ目。ニューヨーカーは、アメリカで一番よく歩く人々だからだ。アメリカは車社会。ドアからドアまで車の毎日という社会と違って、毎日通勤にバスや地下鉄を使う。必然的に毎日歩くことが強要されるし、地下鉄を使うと特にそうだが、エレベーターやエスカレーターがあまりないので、乗り降り、乗り換えの度に、階段ののぼりおりも多い。歩くのが一番の健康法というのは本当のようだ。

加えて、ニューヨーカーは歩くのが速い!ある研究結果によると、歩くのが速い人ほど長生き、年を取ってからより健康なんだそうだ。(じゃぁ、日本だと大阪人は長生きできるはず?)

最後、4つ目。よく歩く、歩くのが速いというのも関連しているが、アメリカの社会的大問題にもなっている肥満が少ない。自意識過剰な人が多いからなんて解説もあったりして笑っちゃったけど、実際そうかも。モデルもショービジネスの人も多いから、健康管理きっちりしてる人は多い。ジムやヨガやオーガニック健康食品店がいっぱいあって、そういう場所に通えるお金持ちが多いというのも理由の一つにあげられていた。お金持ちは長生きするのだ。

前回のニュース記事紹介、「タバコやめて肥満やめたら、がんで死ぬ確率が67%減少 」でも書いたけど、やっぱりだね。タバコと肥満は健康に良くない。

日本の死因のトップはがんで、中でも肺がんが多くて増え続けてるという。ニューヨークみたいに、税金増やしてタバコの値段を高くして(私、吸わないし、周りに吸う人もいないので高いっていくらなのかわからなくてぐぐったら、1箱7ドル前後だった)、公共の場、屋内では禁煙っていう法律を施行すれば、一気にがんが減って、健康増進になるんでは?ていうか、なるよ。名案だと思うんだけどなぁ。

人気医学ブログ→
このページをソーシャル・ブックマークで登録はてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 del.icio.us に登録 ライブドアクリップに追加 Google Bookmarks に追加
タグ:
2007年08月19日 | この記事のURLコメント(0)TB(0)clip!
海外ニュース:健康全般 

この記事にコメントする
名前:
URL:
情報を記憶:

トラックバックURL: http://trackback.blogsys.jp/livedoor/cancer0/130541

ゲルソン療法、生ジュース
楽々野菜、果物摂取にはジュースが簡単で美味しい。一番効果があって掃除もしやすいのは、食材が酸化しない圧搾式ジューサー!

マルチジューサー&クッカー ベジフル今なら!有機栽培にんじん2kg無料プレゼント★★★


〇おまかせ!バランス野菜セット(7〜10種類)( 無農薬野菜 ・ 無化学肥料栽培 ・ 露地栽培 ・ ...

トランス脂肪酸はお話になりませんが、コーンオイル、大豆オイルなど、植物性だから安心と思っていませんか?オイルは低温圧搾(コールドプレス)で抽出の酸化、変質していなくて、遺伝子操作食品ではないものを。ヘルシーオイルなら料理に合わせてこれらがお薦めです。

加熱調理用(バターの代わり)

効率的に新陳代謝される中鎖脂肪酸が多く含まれ、コレステロールゼロ。他のオイルに比べて低カロリー。加熱の際にトランス脂肪酸が発生しない唯一のオイル、エキストラバージン・ココナッツオイル

あまり高温じゃない加熱調理用とドレッシング用
エクストラバージン・オリーブオイル
コールドプレス(低温圧搾)の一番搾り、無濾過のものが健康・美容・グルメ的に最高!オリーブの味も香りもフレッシュで、「油」の概念が変わります。地域によってもブランドによっても味が違うので奥も深い。なめてもおいしくないオイルはさようなら。本物はカラダにもよく、美味しいものなのです。

ドレッシングなど非加熱用

【オーサワジャパン】 オーガニック・フラックスオイル(190g)
現代生活では不足しがちなオメガ3が豊富!

RSSに追加
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
月別バックナンバー
コメント
サーチ


↑がん予防に68%効く食事法と生活習慣HOME
<< マクロビオティックとは 抗酸化物質トップ52でアンチエイジング+がん予防 >>