海外ニュース:がん最新情報

濃いフルーツががんに効く!(BBCニュースより)

がん予防食品 アメリカの研究結果をもとに、イギリス国営放送BBCニュースが8月20日に発表した報道によると、"濃い色のフルーツや野菜ががんに効果あり Darker fruits could fight cancer" なんだって。

ラットと人間の細胞に発見されるアントシアニンが、大腸がんに効果があり、がん細胞の成長を50〜80%遅らせただけでなく、健康な細胞に影響を与えることなく、20%がん細胞を死滅したという。

将来、食物から抽出したアントシアニンで作った薬が、消化器系がんに高いリスクを持つ患者が 発がんするのを防ぐのに希望がもたれると記事は締めくくれられている。

アントシアニンは、抗酸化物質であるポリフェノールの一種で、植物に赤や、紫、青い色を与える水溶性色素。

記事の中でアントシアニンを含むがんに効く食品として紹介されたのは、チョコベリー(農産物としては出回っていない)、ブルーベリー、パープルコーン(紫のとうもろこし)、ビルベリー(コケモモ)。色が濃ければ濃いほど効くそうです。

[参照記事 http://news.bbc.co.uk/2/hi/health/6954696.stm]

色の濃い、鮮やかな野菜や果物って健康効果が高いというのはよく言われていて、アメリカには、レインボーダイエット(英語でダイエットっていう場合は、必ずしも痩せるための食事法ではなく、食事療法とか、健康になるための食事のスタイルという意味)ってのがあるくらい。

植物の色素は、ファイトケミカルとかフィトケミカル(phytochemical, phytonutrient: 植物栄養素)とか呼ばれ、アンチエイジングにも効くし、がんにも効くし、免疫増強にも効くしというので、第7の栄養素として健康・美容に有力な成分として注目されています。

カラフルな野菜や果物は、お料理を美しく、おいしそうに見せるという効果もあるし、こりゃーどんどん取り入れたいですね♪

この記事へのコメント
1. シマ   2007年08月28日 19:08
初めまして!
ブログを拝見させていただきました!
作りこまれていて凄いブログですね!
私も健康情報局というブログを運営しているので是非遊びに来てください☆
http://shima-kenkou.seesaa.net/
2. よっちゃん   2007年09月08日 09:35
シマさんへ
コメントありがとうございます。
健康あってこその毎日ですもんね。
お互い、情報をどんどん発信していきましょう!
この記事にコメントする
名前:
URL:
情報を記憶:

トラックバックURL: http://trackback.blogsys.jp/livedoor/cancer0/141850

ゲルソン療法、生ジュース
楽々野菜、果物摂取にはジュースが簡単で美味しい。一番効果があって掃除もしやすいのは、食材が酸化しない圧搾式ジューサー!

マルチジューサー&クッカー ベジフル今なら!有機栽培にんじん2kg無料プレゼント★★★


〇おまかせ!バランス野菜セット(7〜10種類)( 無農薬野菜 ・ 無化学肥料栽培 ・ 露地栽培 ・ ...

トランス脂肪酸はお話になりませんが、コーンオイル、大豆オイルなど、植物性だから安心と思っていませんか?オイルは低温圧搾(コールドプレス)で抽出の酸化、変質していなくて、遺伝子操作食品ではないものを。ヘルシーオイルなら料理に合わせてこれらがお薦めです。

加熱調理用(バターの代わり)

効率的に新陳代謝される中鎖脂肪酸が多く含まれ、コレステロールゼロ。他のオイルに比べて低カロリー。加熱の際にトランス脂肪酸が発生しない唯一のオイル、エキストラバージン・ココナッツオイル

あまり高温じゃない加熱調理用とドレッシング用
エクストラバージン・オリーブオイル
コールドプレス(低温圧搾)の一番搾り、無濾過のものが健康・美容・グルメ的に最高!オリーブの味も香りもフレッシュで、「油」の概念が変わります。地域によってもブランドによっても味が違うので奥も深い。なめてもおいしくないオイルはさようなら。本物はカラダにもよく、美味しいものなのです。

ドレッシングなど非加熱用

【オーサワジャパン】 オーガニック・フラックスオイル(190g)
現代生活では不足しがちなオメガ3が豊富!

RSSに追加
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
月別バックナンバー
コメント
サーチ


↑がん予防に68%効く食事法と生活習慣HOME
<< 抗酸化物質トップ52でアンチエイジング+がん予防 6. 食べものから適量のビタミンと繊維質のものを多くとる >>