海外ニュース:がん最新情報

ほどほど飲酒でもダメ?飲酒と乳がんリスクの関係に新事実

これまで適量飲酒はがん予防はじめ、健康にいいという説を覆すもので、女でラブお酒♪ な私にとっては非常に不都合なニュース。Yahoo!JAPAN ニュースに「女性の乳がん、飲酒でリスク拡大=赤ワインも同様−米民間調査」(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070928-00000127-jij-int) という時事通信による記事。

これまでどういうことが言われていたかの詳細は、「4. お酒はほどほどに。」をご参照いただくとして、今回のニュース、 米保険会社カイザー・パーマネンテ発表によるもので、毎日ワインを3杯以上飲む女性の乳がん発生率は、ほとんど飲まない人より3割も高い。というだけでなく、毎日1〜2杯でも1割高いというのだ。

カイザー社のリサーチ結果に関する記事は、毎日チェックしている英語のがん予防・健康関連の海外ニュースでも報道されていたので、それらを読んで得た情報を補充すると、比較対象となった「ほとんど飲まない人」というのは、「1日に1杯未満の人」。

毎日一杯よりちょっと少なめだったらいいの?じゃぁ、よくオススメされてる週に2日の休肝日入れたら、1杯だったらいいの?フレンチパラドックスってあるけど、フランス人女性にも当てはまる?疑問続出。
いつも思うんだけど、ブログみたいに、ニュースもコメント書き込めて、質問に答えてもらえるといいのにね。

で、話戻して、その理由というのがまだ解明されていないけど、飲酒によって、血中のホルモンレベルが上昇するからがんになるっていうのが一つある仮説。

抗酸化物質たっぷりで赤ワインは体にいい、特に心臓病の予防にいい♪という説は女性の乳がんリスクに関してはあてはまらないってことになるのでしょうか。ちなみに日本のニュースではワインのことしか書かれていないけど、これはビールでもウィスキーでもアルコールが含まれていたら同じ。

男性の方は、最近のニュースで、動物実験だけど、赤ワインが含む抗酸化物質で、がん予防効果が期待される resveratrol レスベラトロール(ポリフェノールの一種) が、なんと前立腺がん発症をなんと87%まで下げたという結果が報告されているのに。豆知識的には、カベルネソービニヨンが一番レスベラトロールを豊富に含んでいるそうです。

飲酒以外の乳がんリスクは、肥満、受動喫煙ふくむ喫煙、加齢。

今、顔がこわばりました?・・・加齢って・・・T-T そう言われても、みんな年とるしー?でも、アメリカで売れた本で、『The RealAge Makeover』ってのがあるんだけど、それによると、暦の上での年齢が問題じゃなくて、体の年齢は常日頃の摂生によって決定されるので、みなさん、頑張りましょう!(笑)

The RealAge Makeover: Take Years off Your Looks and Add Them to Your Life(リアル年齢に変身:あなたのルックスから数年さっぴいて、その分、長生きしましょう)
アマゾン.co.jp    →amazon.com(英語)

年は静かに築きあげていくもの。じたばたするマインドでなく、グレイスフルに、ヘルシーエイジングを心がけたいですね。男も女も。

人気医学ブログ→
このページをソーシャル・ブックマークで登録はてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 del.icio.us に登録 ライブドアクリップに追加 Google Bookmarks に追加
タグ:
2007年09月28日 | この記事のURLコメント(0)TB(0)clip!
海外ニュース:がん最新情報 | 乳がん予防・抗がん

この記事にコメントする
名前:
URL:
情報を記憶:

トラックバックURL: http://trackback.blogsys.jp/livedoor/cancer0/272503

ゲルソン療法、生ジュース
楽々野菜、果物摂取にはジュースが簡単で美味しい。一番効果があって掃除もしやすいのは、食材が酸化しない圧搾式ジューサー!

マルチジューサー&クッカー ベジフル今なら!有機栽培にんじん2kg無料プレゼント★★★


〇おまかせ!バランス野菜セット(7〜10種類)( 無農薬野菜 ・ 無化学肥料栽培 ・ 露地栽培 ・ ...

トランス脂肪酸はお話になりませんが、コーンオイル、大豆オイルなど、植物性だから安心と思っていませんか?オイルは低温圧搾(コールドプレス)で抽出の酸化、変質していなくて、遺伝子操作食品ではないものを。ヘルシーオイルなら料理に合わせてこれらがお薦めです。

加熱調理用(バターの代わり)

効率的に新陳代謝される中鎖脂肪酸が多く含まれ、コレステロールゼロ。他のオイルに比べて低カロリー。加熱の際にトランス脂肪酸が発生しない唯一のオイル、エキストラバージン・ココナッツオイル

あまり高温じゃない加熱調理用とドレッシング用
エクストラバージン・オリーブオイル
コールドプレス(低温圧搾)の一番搾り、無濾過のものが健康・美容・グルメ的に最高!オリーブの味も香りもフレッシュで、「油」の概念が変わります。地域によってもブランドによっても味が違うので奥も深い。なめてもおいしくないオイルはさようなら。本物はカラダにもよく、美味しいものなのです。

ドレッシングなど非加熱用

【オーサワジャパン】 オーガニック・フラックスオイル(190g)
現代生活では不足しがちなオメガ3が豊富!

RSSに追加
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
月別バックナンバー
コメント
サーチ


↑がん予防に68%効く食事法と生活習慣HOME
<< フルーツや野菜は大腸がんのリスクを下げない(いやん!) ブログ更新お休み >>