海外ニュース:健康全般

ダイエットソーダは揚げ物よりもメタボになる

ダイエットのためにソフトドリンクをやめてダイエットソーダ(ダイエット・コーラとか、ダイエット・ペプシとかの類)を飲む人、ぎくりなニュース。ダイエットソーダを飲む人はメタボリック症候群になりがちだそうな。アメリカで45歳〜64歳の男女9514人を対象に9年間追跡したデータによるもの。

調査期間中、メタボリック症候群になった3782人に関して、人口統計的要因、喫煙、運動量、エネルギー摂取量などを調整して分析したところ、西洋型ダイエットがメタボリック症候群に大きく関係していることがわかった。

西洋型ダイエットとは、精製穀類(小麦粉、白米など)、揚げ物、レッドミート(牛、羊などの赤肉)をたくさん食べる食事。

で、食品グループ別により細かく分析すると、揚げ物、肉、ダイエットソーダが大きくメタボリック症候群に結びついていることがわかった。これらによって18%メタボリスクが上昇する。(まさにマクドナルドとか、ファーストフードのハンバーガーチェーン店の最強セットですね・・・)

最も揚げ物を多く食べた上位1/3の層は、最も食べなかった全体の1/3の層よりもメタボリスクが25%高く、なんと、ダイエットソーダを毎日1缶飲んだ人は、飲まなかった人よりも34%もメタボ率が高かったという。意外だったのは、乳製品で、これはメタボ防止効果ありという結果。

それにしても、フライドポテトより太りやすいダイエットソーダって一体・・・

良識あるダイエット(未精製穀類:全粒粉や玄米、野菜や果物たっぷり、魚、鶏肉)はメタボリック症候群には結びつかないことも判明。食品群別には、未精製穀物、精製穀類、フルーツ、野菜、ナッツ、コーヒー、甘いドリンク類もメタボ無関係だった。

アメリカ人が対象になったリサーチ結果とはいえ、日本でもファーストフードは定着しているし、コンビニフードもジャンク系お弁当も、使っている材料や調理法をみると、たとえそれが見かけ和食でも、白米中心で天ぷらやフライがおかず、野菜はちょっとしか食べないってパターンだと、それは西洋型ダイエットと同類だと思うので注意が必要ですね。

●メタボリックシンドローム(メタボリック症候群、代謝症候群、Metabolic Syndrome: MetS)の定義は、過去記事「メタボリックシンドロームに効く簡単1日30分」をご参照ください。

情報元
American Heart Association
"Dietary Intake and the Development of the Metabolic Syndrome. The Atherosclerosis Risk in Communities Study"
New York Times
Symptoms: Metabolic Syndrome Is Tied to Diet Soda
関連ニュース
Yahoo! Japan "人工甘味料、砂糖より減量に向かない可能性=米研究者"
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080212-00000819-reu-ent

人気医学ブログ→
このページをソーシャル・ブックマークで登録はてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 del.icio.us に登録 ライブドアクリップに追加 Google Bookmarks に追加
タグ:
2008年02月05日 | この記事のURLコメント(1)TB(0)clip!
海外ニュース:健康全般 

この記事へのコメント
1. じゅん   2008年05月13日 12:32
あくまでも、ダイエットソーダを飲んでいる人のメタボリスクが高いということで、ダイエットソーダそのものにそういう要因が含まれているということではないと、記事を読んで理解しました。

つまり、ダイエットソーダを多く飲む人は、それと同時にハンバーガーを多く食べているとか、そういうことなのではないでしょうか。あるいは、ジャンクフードをよく食べるので、せめて飲み物だけはダイエットソーダを選ぶ、とか。

食事の組み合わせについての調査結果はなかったのでしょうか?
この記事にコメントする
名前:
URL:
情報を記憶:

トラックバックURL: http://trackback.blogsys.jp/livedoor/cancer0/599133

ゲルソン療法、生ジュース
楽々野菜、果物摂取にはジュースが簡単で美味しい。一番効果があって掃除もしやすいのは、食材が酸化しない圧搾式ジューサー!

マルチジューサー&クッカー ベジフル今なら!有機栽培にんじん2kg無料プレゼント★★★


〇おまかせ!バランス野菜セット(7〜10種類)( 無農薬野菜 ・ 無化学肥料栽培 ・ 露地栽培 ・ ...

トランス脂肪酸はお話になりませんが、コーンオイル、大豆オイルなど、植物性だから安心と思っていませんか?オイルは低温圧搾(コールドプレス)で抽出の酸化、変質していなくて、遺伝子操作食品ではないものを。ヘルシーオイルなら料理に合わせてこれらがお薦めです。

加熱調理用(バターの代わり)

効率的に新陳代謝される中鎖脂肪酸が多く含まれ、コレステロールゼロ。他のオイルに比べて低カロリー。加熱の際にトランス脂肪酸が発生しない唯一のオイル、エキストラバージン・ココナッツオイル

あまり高温じゃない加熱調理用とドレッシング用
エクストラバージン・オリーブオイル
コールドプレス(低温圧搾)の一番搾り、無濾過のものが健康・美容・グルメ的に最高!オリーブの味も香りもフレッシュで、「油」の概念が変わります。地域によってもブランドによっても味が違うので奥も深い。なめてもおいしくないオイルはさようなら。本物はカラダにもよく、美味しいものなのです。

ドレッシングなど非加熱用

【オーサワジャパン】 オーガニック・フラックスオイル(190g)
現代生活では不足しがちなオメガ3が豊富!

RSSに追加
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
月別バックナンバー
コメント
サーチ


↑がん予防に68%効く食事法と生活習慣HOME
<< コーヒーや豊胸手術、がんの原因としては無実! がんにならない携帯電話の使い方 >>