海外ニュース:健康全般

メタボリック症候群、生活習慣病

高カロリーなコーヒー味ドリンク、がんなど生活習慣病の原因と警鐘

ヤフーもロイターも、なぜか日本版のニュースは原文よりも短い。そのまま翻訳して報じないで編集・省略する手間をかけるのはなぜ?「アイスコーヒー飲料、ダイエットの敵にも=英調査」なんて言われると、「え?私いつもブラックで飲むからカロリーゼロのはずなんだけど、太るの?」って驚いたよ。まぁ、アイスコーヒー"飲料" なので、ウソではないけど、週刊誌の電車の中吊り広告みたい。まぁ、元記事をチェックしたところで タイトルは同じようなもんだったけど、それでも英語版の方は全部読むとニュースとして言いたいことはわかる。ヤフーに掲載の日本語ロイター記事が報じなかった部分は以下のとおり。
がん予防68>>続き

海外ニュース:健康全般

タダでがん・心臓病・糖尿病など生活習慣病+風邪やインフルエンザが予防できる、免疫が強くなるすごい方法

最近、アメリカのヘルス・サイエンス・ニュースでは、ビタミンDの健康効果が頻繁に話題にのぼる。これまでビタミンDというと、「健康な骨や歯を作り、保つための栄養素で、乳幼児〜育ち盛りの子供と、中年以降、骨粗鬆症予防のために必要」くらいの認識だったと思うが、それが、最新健康情報では、そんなどころのメリットではない。

今日の記事は老若男女みんな必読。読み終わったら、大事な人にこの記事のアドレスを転送して教えてあげてください。なんせ、お金が全然かからなくて、安全に誰でも手軽に実行できる健康法で、風邪、インフルエンザから、がん、心臓病、糖尿病といった生活習慣病、リウマチ関節炎、鬱病、自閉症など、さまざまな病気の予防や治療に効果があるということなので。

まず、どれくらいの効果があるのかをリストアップ
がん予防68>>続き

海外ニュース:健康全般

赤ワイン、また朗報

つい先日、「1日1杯程度のワインであれば、肝臓に害がないばかりでなく、非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)のリスクを軽減する可能性さえある」(http://health.yahoo.co.jp/news/detail/?idx0=w20806053)というニュースがあったが、またまた赤ワインの健康効果がニュースに。赤ワインに含まれるフラボノイドの一種、Resveratrol レスベラトロールが、ヘルシーな心臓を保つというのだ。

ネズミの実験によるものだけど。

レスベラトロールは、この他、がん予防、長生き、アンチエイジングにも効果があるとされ、注目されている抗酸化物質のひとつ。バターやクリームなどの飽和脂肪を含む食品を多く摂る食生活をするフランス人に、それが原因でリスクがあがるとされる心臓病が少ない秘密が赤ワインにあるという説、いわゆるフレンチパラドックスを科学的に支持する研究結果である。
がん予防68>>続き

海外ニュース:健康全般

コリン食べる女性は乳がんになりにくい

に多く含まれる栄養素、コリンが、乳がんリスクを24%まで減少させるという研究結果が出た。4/3付けEurekAlertによると、これは3000人以上の女性を対象としたケース・コントロール・スタディで、このうち、最もコリンを摂取していた女性のグループは、1日455mg以上、最低摂取グループは、1日196mg以下で、コリンの摂取源は、コーヒー、卵、スキムミルクが中心。この 2つを比べると、コリンを多く摂取していたグループの乳がん率が24%低かったのだそうだ。詳細は、The FASEB Journalの6月号に掲載
がん予防68>>続き

海外ニュース:健康全般

ダイエットソーダは揚げ物よりもメタボになる

ダイエットのためにソフトドリンクをやめてダイエットソーダ(ダイエット・コーラとか、ダイエット・ペプシとかの類)を飲む人、ぎくりなニュース。ダイエットソーダを飲む人はメタボリック症候群になりがちだそうな。アメリカで45歳〜64歳の男女9514人を対象に9年間追跡したデータによるもの。
がん予防68>>続き

海外ニュース:健康全般

アンチエイジング・コスメより若返りに効くタダの方法

健康の鍵を握るのは、食事、エクササイズ、睡眠、ストレス。なんとなく日本では、食事、というか、もっとミクロな視点で「食品」については話題によくのぼるけど、マクロな視点で見た食事法や、エクササイズの重要性については医学的にあまり指摘されないように思う。XX(食品名とか栄養素とか)が効く!とかやるとサプリメントやダイエットクッキー、健康飲料の類が売れたりとか、広く浅くビジネスに結びつけやすいからってのもあるのかなと思う。
がん予防68>>続き

海外ニュース:健康全般

4つの習慣で14年長生き

健康で長生きするためには4つの習慣が鍵になるという海外からのニュース。なんとこの4つで、14年寿命がのびるという研究結果がこのほど発表された。対象となったのはイギリス、ノーフォーク在住の45歳〜79歳、調査開始時点でがん、心臓病、循環器系疾患ではない男女合計2万人。ヨーロッパ最大のがんと栄養に関する調査とのこと。さてさてその結果、長寿の秘訣となる4つの健康法は何だったのか?答えは・・・
がん予防68>>続き

海外ニュース:健康全般

メタボリックシンドロームに効く簡単1日30分

日本ではもちろん、アメリカでもメタボリックシンドローム(メタボリック症候群、代謝症候群、Metabolic Syndrome: MetS)が増えていることが問題になっている。アメリカと日本ではメタボリック・シンドロームとされる基準が違い、アメリカでは、次のうち3つ以上が当てはまる時にメタボということになる。
がん予防68>>続き

海外ニュース:健康全般

喫煙、肺がんだけでなくハゲにも関与

男性の頭髪の悩み、喫煙で悪化する可能性=研究 (11月20日18時23分配信 ロイター) http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071120-00000789-reu-entによると「喫煙は、毛包を破壊したり、頭皮内側の血液やホルモンの流れを阻害、またはエストロゲンの生成を増加させたりする」としているが、これ、ちょっと訳がおかしいかも。
がん予防68>>続き

海外ニュース:健康全般

最新!体にいい食品、ニュー・スーパーフード・ベスト5

スーパーフード Superfoodsってご存じでしょうか?3〜4年前からアメリカの健康ニュースでよく話題になり、スーパーフードを使ったダイエット本とかすごく売れたりしていました。Superfoodと一語になってる新語です。何を持ってしてスーパーフードなのかって定義が公式にあるわけじゃないけど、他の食べ物よりもビタミン、フィトケミカル、抗酸化物質と、注目される体にいい成分がつまってて、悪玉コレステロールを減らすとか、心臓病やがん、その他生活習慣病の予防に効果があるとか、免疫力を上げるとか、健康に関する効能が科学的エビデンスをもって期待される食べ物って感じで選ばれ、使われている。

元祖スーパーフードに関しては、私が運営している別ブログの記事、「健康に最強の食品、スーパーフード14種!」をご参照ください。その後、ゴージーベリー(クコの実)とかアサイとか、新たにスーパーフードも登場。ここにきて、久々にちょっとまとまってニュー・スーパーフード・リストがニュースになってたのでご紹介します。
がん予防68>>続き

海外ニュース:健康全般

健康にいいピーナッツの食べ方

ピーナッツというと、脂肪たっぷりでダイエットの敵、ジャンクフードなんて思われているかもしれませんが、アメリカではよく健康のために欠かせないヘルシーフードとしての地位があり、他のナッツ類同様に薦められるのをよく耳にします。
がん予防68>>続き

海外ニュース:健康全般

45%病気が減る!手の洗い方

「公衆トイレで手を洗う人の割合が低下=米調査」(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070918-00000274-reu-ent)なんてことが最近ニュースになったりしたけど、これは良くない!手洗いは感染症の予防にとても重要な役割を果たしているのです。アメリカの陸軍で1日最低5回手を洗うキャンペーンを実施したところ、病気になる確率が45%減ったという結果もあるくらい。たかが手洗い、されど手洗い。というわけで、正しい手の洗い方を徹底解説!
がん予防68>>続き

海外ニュース:健康全般

すごいがんばらなくても健康増進!12のアイデア

やせよう!と一大決心して無理なダイエットをして挫折、リバウンドでダイエット前よりも太ってしまったとか、毎朝早起きをしてジョギングする宣言をして寝坊ばかりだったりとか、いろいろ自分の健康のためにいいことをしようとして続かなかった経験はありませんか?そんな方にグッドニュース!努力していると気づかないうちに健康になるコツ、こっそり(笑)教えましょう。
がん予防68>>続き

海外ニュース:健康全般

なぜニューヨーカーは長生きなのか?

ニューヨーク・マガジン 今出ているニューヨークの週刊情報誌、『ニューヨーク・マガジン』の特集、ニューヨーカーの間でちょっと話題になっている。表紙にあるように、「なぜニューヨーカーは長生きするのか?」っていうのだから、ニューヨーカーなら思わず読みたくなる。巧い!

オンラインでも読めるんですが、なぜかこちらの見出しは、「Why New Yorkers Last Longer(なぜニューヨーカーは長持ちするのか)」 同じような意味だけど、単語が変えてある。(http://nymag.com/news/features/35815/)。

さて、その内容の方ですが、何を根拠にニューヨーカーが長生きだと言っているのか?
がん予防68>>続き

ゲルソン療法、生ジュース
楽々野菜、果物摂取にはジュースが簡単で美味しい。一番効果があって掃除もしやすいのは、食材が酸化しない圧搾式ジューサー!

マルチジューサー&クッカー ベジフル今なら!有機栽培にんじん2kg無料プレゼント★★★


〇おまかせ!バランス野菜セット(7〜10種類)( 無農薬野菜 ・ 無化学肥料栽培 ・ 露地栽培 ・ ...

トランス脂肪酸はお話になりませんが、コーンオイル、大豆オイルなど、植物性だから安心と思っていませんか?オイルは低温圧搾(コールドプレス)で抽出の酸化、変質していなくて、遺伝子操作食品ではないものを。ヘルシーオイルなら料理に合わせてこれらがお薦めです。

加熱調理用(バターの代わり)

効率的に新陳代謝される中鎖脂肪酸が多く含まれ、コレステロールゼロ。他のオイルに比べて低カロリー。加熱の際にトランス脂肪酸が発生しない唯一のオイル、エキストラバージン・ココナッツオイル

あまり高温じゃない加熱調理用とドレッシング用
エクストラバージン・オリーブオイル
コールドプレス(低温圧搾)の一番搾り、無濾過のものが健康・美容・グルメ的に最高!オリーブの味も香りもフレッシュで、「油」の概念が変わります。地域によってもブランドによっても味が違うので奥も深い。なめてもおいしくないオイルはさようなら。本物はカラダにもよく、美味しいものなのです。

ドレッシングなど非加熱用

【オーサワジャパン】 オーガニック・フラックスオイル(190g)
現代生活では不足しがちなオメガ3が豊富!

RSSに追加
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
月別バックナンバー
コメント
サーチ


↑がん予防に68%効く食事法と生活習慣HOME