皮膚がん予防・抗がん

海外ニュース:がん最新情報

がんにならずに美白を保つ日焼け止めの選び方

1992年以来、がんの原因として「高い可能性がある」という発がんリスク5段階評価の上から2番目だった日焼けマシンが、このほど発がんリスクの最高レベル(グループ1)「ヒトに対して発癌性である」に引き上げられた。つまり、十分な根拠をもって人間に対してがんの原因となるという断言である。世界保健機関(WHO The World Health Organization)の下部機関である国際がん研究機関 (IARC The International Agency for Research on Cancer) が7月29日に発表したもの。
がん予防68>>続き

がんを防ぐ12の生活習慣

12. 体を清潔に

国立がんセンター監修、(財)がん研究振興財団刊行の「がんを防ぐための12カ条」の12番目は、「体を清潔に」。シャワーや入浴で体を清潔に保つと皮膚がん、陰茎がん、子宮頸がんなどの予防につながるとのこと。
がん予防68>>続き

がんを防ぐ12の生活習慣

10. 日光に当たりすぎない

国立がんセンター監修、(財)がん研究振興財団刊行の「がんを防ぐための12カ条」の10番目、「日光に当たりすぎない」。女性の中には、がん予防のためと言われなくても、紫外線はシミ、シワ、そばかすなどお肌の老化の敵ということで日焼け止めクリームやUVファンデーション、サンバイザー、手ぬぐい、手袋など、可能な限りの日焼け防止策をこうじておられる方もおられることだろう。
がん予防68>>続き
ゲルソン療法、生ジュース
楽々野菜、果物摂取にはジュースが簡単で美味しい。一番効果があって掃除もしやすいのは、食材が酸化しない圧搾式ジューサー!

マルチジューサー&クッカー ベジフル今なら!有機栽培にんじん2kg無料プレゼント★★★


〇おまかせ!バランス野菜セット(7〜10種類)( 無農薬野菜 ・ 無化学肥料栽培 ・ 露地栽培 ・ ...

トランス脂肪酸はお話になりませんが、コーンオイル、大豆オイルなど、植物性だから安心と思っていませんか?オイルは低温圧搾(コールドプレス)で抽出の酸化、変質していなくて、遺伝子操作食品ではないものを。ヘルシーオイルなら料理に合わせてこれらがお薦めです。

加熱調理用(バターの代わり)

効率的に新陳代謝される中鎖脂肪酸が多く含まれ、コレステロールゼロ。他のオイルに比べて低カロリー。加熱の際にトランス脂肪酸が発生しない唯一のオイル、エキストラバージン・ココナッツオイル

あまり高温じゃない加熱調理用とドレッシング用
エクストラバージン・オリーブオイル
コールドプレス(低温圧搾)の一番搾り、無濾過のものが健康・美容・グルメ的に最高!オリーブの味も香りもフレッシュで、「油」の概念が変わります。地域によってもブランドによっても味が違うので奥も深い。なめてもおいしくないオイルはさようなら。本物はカラダにもよく、美味しいものなのです。

ドレッシングなど非加熱用

【オーサワジャパン】 オーガニック・フラックスオイル(190g)
現代生活では不足しがちなオメガ3が豊富!

RSSに追加
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
月別バックナンバー
コメント
サーチ


↑がん予防に68%効く食事法と生活習慣HOME