がんを防ぐ12の生活習慣

がんを防ぐ12の生活習慣

12. 体を清潔に

国立がんセンター監修、(財)がん研究振興財団刊行の「がんを防ぐための12カ条」の12番目は、「体を清潔に」。シャワーや入浴で体を清潔に保つと皮膚がん、陰茎がん、子宮頸がんなどの予防につながるとのこと。
がん予防68>>続き

がんを防ぐ12の生活習慣

11. 適度にスポーツをする

国立がんセンター監修、(財)がん研究振興財団刊行の「がんを防ぐための12カ条」の11番目は、「適度にスポーツをする」。説明には、疲労とストレスは大敵とネズミの実験例があげられていて、異論はないけど、それと見出しの適度にスポーツしようってことは直接関係ないような。
がん予防68>>続き

がんを防ぐ12の生活習慣

10. 日光に当たりすぎない

国立がんセンター監修、(財)がん研究振興財団刊行の「がんを防ぐための12カ条」の10番目、「日光に当たりすぎない」。女性の中には、がん予防のためと言われなくても、紫外線はシミ、シワ、そばかすなどお肌の老化の敵ということで日焼け止めクリームやUVファンデーション、サンバイザー、手ぬぐい、手袋など、可能な限りの日焼け防止策をこうじておられる方もおられることだろう。
がん予防68>>続き

がんを防ぐ12の生活習慣

9. かびの生えたものに注意

国立がんセンター監修、(財)がん研究振興財団刊行の「がんを防ぐための12カ条(1, 2)の9つ目、「かびの生えたものに注意〜食べる前にチェックして」

要注意なのはカビ毒(マイコトキシン)のひとつ、アフラトキシン Aflatoxins。炭水化物に富むトウモロコシ、ピーナッツ、ブラジルナッツなどのナッツ類、香辛料、綿実などに生えることが多いが、汚染されたトウモロコシの飼料で育った牛、そのミルク、乳製品から検出されることもある。B1、B2、G1、G2、M1などの種類があり、アフラトキシンB1は、天然物で最強の発がん物質で、その毒性はダイオキシンの10倍以上。肝がん、急性肝炎、慢性中毒に関連すると言われている。
がん予防68>>続き

がんを防ぐ12の生活習慣

8. 焦げた部分はさける

国立がんセンター監修、(財)がん研究振興財団刊行の「がんを防ぐための12カ条(1, 2)の8つ目は、「焦げた部分はさける 〜突然変異を引きおこします〜」というもの。
がん予防68>>続き

がんを防ぐ12の生活習慣

7. 塩辛いものは少なめに、あまり熱いものはさましてから

国立がんセンター監修、(財)がん研究振興財団刊行の「がんを防ぐための12カ条」、バランスのとれた栄養をとか、お酒ほどほど、たばこは吸わないようにとか、全世界共通、健康に暮らすための常識的な注意点が多い中、「塩辛いものは少なめに、あまり熱いものはさましてから」は、日本人に対するがん予防のための特別アドバイスのよう。

健康食と言われている日本食文化ではあるけど、塩の使いすぎ、あっっついものの食べすぎ、この2点はいただけない。塩分摂りすぎは胃がん、熱いものは食道がんの原因といわれているからだ。
がん予防68>>続き

がんを防ぐ12の生活習慣

6. 食べものから適量のビタミンと繊維質のものを多くとる

68%がんにならない暮らし方 - livedoor Blog 共通テーマ

国立がんセンター監修、(財)がん研究振興財団刊行の「がんを防ぐための12カ条」では、発がんを防ぐビタミン類であるビタミンA、ビタミンC、ビタミンEを適量、そして食物繊維を多く摂るよう推奨しています。「がんを防ぐACE(エース )、ファイバー」と覚えましょう!(笑)

最近のリサーチ結果では、ビタミンA、C、E、食物繊維に加えて、ビタミンB2、B6、葉酸、B12といったビタミンB群、カルシウム、亜鉛、セレン、オメガ3(n-3系脂肪酸)、非栄養性植物機能成分(=ファイトケミカル:アリウム化合物、フラボノイド、イソフラボン、リグナンなど、植物の香りや色の成分)もがん予防に効果があると言われている。
がん予防68>>続き

がんを防ぐ12の生活習慣

5. たばこは吸わないように

禁煙 - livedoor Blog 共通テーマ

国立がんセンターのがん対策情報センターの「がんを防ぐための12カ条」(http://www.fpcr.or.jp/publication/12kajou.html)の、トップにもってきてもいいんじゃないの?と思うのがタバコ。だって、酒は飲み過ぎちゃいけないけど、適量はいいとか、食べ物も、バランスは必要だけど、その1つ1つが絶対健康にはよくないとか決定的なものじゃないけど、タバコは、ホント、百害あって一利なし。
がん予防68>>続き

がんを防ぐ12の生活習慣

4. お酒はほどほどに。で、ほどほどってどのくらい?

68%がんにならない暮らし方 - livedoor Blog 共通テーマ

酒は百薬の長と古くからいわれるのと同時に、飲み過ぎは肝臓だけでなく、がんになる率を高めるという統計結果があります。

過度の飲酒が関係するといわれているがんは、WHOの評価によると部位別に、口腔がん咽頭がん喉頭がん食道がんといった上部消化管のがんと、乳がん肝臓がん。欧米の研究からは大腸がんと飲酒の関連は認められていませんが、日本人を対象とした研究結果からは、その関連性が認められています。
がん予防68>>続き

がんを防ぐ12の生活習慣

3. 食べすぎをさけ、脂肪はひかえめに

食べすぎると発がん率が高くなる

「がんを防ぐための12カ条」(http://www.fpcr.or.jp/publication/12kajou.html) によると、ネズミの実験では、好きなだけ食べさせたネズミと、餌を6割くらいに制限して食べさせたネズミでは、後者の方が発がん率が低く、長生きだったそうだ。
がん予防68>>続き

がんを防ぐ12の生活習慣

2. 毎日、変化のある食生活でがん予防

財団法人がん研究振興財団による「がんを防ぐための12カ条」 (http://www.fpcr.or.jp/publication/)の2つめがこれ。「毎日、変化のある食生活を」。好きなものにはついつい手が出ちゃうっていうのは人の性だけど、それをあえて度が過ぎないよう食欲をコントロールして、偏らないようにする心がけががん予防には大事ってことですね。
がん予防68>>続き

がんを防ぐ12の生活習慣

1. バランスのとれた栄養をとるために

「バランスのとれた栄養を」というと、健康な体を作るために偏食はせず、なんでも食べていろいろな栄養素を過不足なく摂取するということを言っているのかと思いきや、国立がんセンター監修、(財)がん研究振興財団刊行の「がんを防ぐための12カ条」の説明を読むと、それだけではないようだ。

「私たちが日々食べている食品群の中に、がんを引き起こす物質とがんを抑える物質がともに存在している」から、「できるだけ多くの種類の食品をとり、食物中の発がん物質の作用を相殺していくことが大切」とある。

では、具体的に発がん性のある食品、調理法、物質とは?
がん予防68>>続き

がんを防ぐ12の生活習慣

がんを防ぐための12カ条

がんは、生活習慣病のひとつで、慢性疾患なので、食事に注意することで3割、禁煙することで3割防ぐことが出来ます。でも、具体的にどのような生活習慣を心がければがんを防ぐことができるのでしょう?その指針のひとつとして、国立がんセンター監修、(財)がん研究振興財団刊行の「がんを防ぐための12カ条」を見てみましょう。
がん予防68>>続き
ゲルソン療法、生ジュース
楽々野菜、果物摂取にはジュースが簡単で美味しい。一番効果があって掃除もしやすいのは、食材が酸化しない圧搾式ジューサー!

マルチジューサー&クッカー ベジフル今なら!有機栽培にんじん2kg無料プレゼント★★★


〇おまかせ!バランス野菜セット(7〜10種類)( 無農薬野菜 ・ 無化学肥料栽培 ・ 露地栽培 ・ ...

トランス脂肪酸はお話になりませんが、コーンオイル、大豆オイルなど、植物性だから安心と思っていませんか?オイルは低温圧搾(コールドプレス)で抽出の酸化、変質していなくて、遺伝子操作食品ではないものを。ヘルシーオイルなら料理に合わせてこれらがお薦めです。

加熱調理用(バターの代わり)

効率的に新陳代謝される中鎖脂肪酸が多く含まれ、コレステロールゼロ。他のオイルに比べて低カロリー。加熱の際にトランス脂肪酸が発生しない唯一のオイル、エキストラバージン・ココナッツオイル

あまり高温じゃない加熱調理用とドレッシング用
エクストラバージン・オリーブオイル
コールドプレス(低温圧搾)の一番搾り、無濾過のものが健康・美容・グルメ的に最高!オリーブの味も香りもフレッシュで、「油」の概念が変わります。地域によってもブランドによっても味が違うので奥も深い。なめてもおいしくないオイルはさようなら。本物はカラダにもよく、美味しいものなのです。

ドレッシングなど非加熱用

【オーサワジャパン】 オーガニック・フラックスオイル(190g)
現代生活では不足しがちなオメガ3が豊富!

RSSに追加
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
月別バックナンバー
コメント
サーチ


↑がん予防に68%効く食事法と生活習慣HOME